更年期に発症しやすい病気のまとめ

更年期は女性ホルモンの急激な減少に伴い、更年期障害といわれる多種多様な不定愁訴が起こります。

のぼせや発汗、動悸、不眠、頭痛、肩こり、腰痛、易疲労感などの身体症状に加えてイライラ、不安、抑うつなどの精神症状に陥りやすくなります。

更年期に発症する原因不明の症状の全部が更年期障害です。

更年期に発症しやすい症状について

月経不順・無月経→月経周期の乱れが起こり、以前まで順調にサイクルごとにあった月経が突然なくなったり、だんだん回数が低減して行きます。

外陰部・膣の萎縮・乾燥→女性ホルモン、とくにエストロゲンの低減により、膣粘膜が萎縮し、分泌液が減少し、そのため乾燥しやすくなります。おりものが黄ばみ、かゆみや痛みを伴うこともあります。

性交痛→エストロゲン不足で、外陰部や膣が萎縮して、性交時に痛みを感じます。セックスレスになり、夫婦間のトラブルが生じる場合があります。

ほてり(ホットフラッシュ)→突然、顔や頭がかっと熱くなり、汗がたくさんでて、寝汗も酷くなったりします。

動悸・息切れ→何もしなくても息が切れたり、呼吸が苦しくなりします。

不安感→更年期は親子関係や夫婦関係、老親の介護などで悩みやすく身体のバランスを崩しやすくなります。

不眠→寝つきが悪い、早朝に眼が覚めやすくなります。不安感が高まり不眠になりがちです。体調も悪く、引きこもりにもなります

イライラ→更年期になるとイライラしやすいです。

めまい・耳なり→自律神経のバランスの崩壊により、めまいや耳鳴りが起こりやすいです。

肩こり・腰痛→更年期は、これらの症状が目立ちます。

頭痛→更年期の頭痛は、老眼が影響していたり。視力低下が原因です。偏頭痛の群発頭痛も併発しやすいです。

倦怠感・疲労→疲れやすく、疲れがとれないです。

意欲低下→女性ホルモンの減少し、意欲がわかない、集中力が持続しない、仕事の効率が下がります。物忘れも酷くなります。

冷え→冷えは若い女性全般に多いです。

頻尿、尿漏れ・尿失禁→更年期以後は、頻尿になりやすいです。また切迫性尿失禁という突然我慢できず尿がもれる過活動膀胱も増えます。

皮膚の乾燥→外陰部や膣だけではなく全身の皮膚が乾燥しやすくなります。手足や背中、腹部の皮膚がカサカサしたり、痒くなったりします。

対処法は?

更年期では、上記のような症状がでるのは正直しょうがないです。

しかし、更年期の症状を緩和してくれるサプリメントや運動、食事をしっかりと管理していけば、最小限で抑えることもできます。

更年期サプリでつらい症状を改善!徹底比較サイト

これは、早めの対策が必要です。

しっかりと、対策をして元気な毎日を手に入れましょう・